NETと言われるシステム上の認識

一般的にNET、つまりネットと言いますが、それには奥の深いものがあります。

今でこそネットと言われていますが、もともと電話回線もネットのシステムでした。それはLAN、WANと言われており、LANはローカル的な使用法でした。つまり、当時は一オフィス内、一事業内でのみ完結するシステムのものであり、局所的な使用方法だったのです。しかし、WANとは国の規模的なシステムのものであるとされているので、当時は電話回線ぐらいしか一般的に普及されていなかったのです。

今では光ケーブルを用いたものが主流になっているので、WANも高速化されてきています。光ケーブルは理想とされていたものの、光を届けるためのものであったため、ある一定以上折れ曲がってはいけない、ねじれてはいけないなどとデリケートなものでした。それまでの間は同軸ケーブル。つまり、テレビのアンテナ線と同じ形状のケーブルを用いていたのですが、さすがに太く、WANには向いていません。

しかし、技術の進歩などから、光ケーブルを長距離で運べるようになり、また、ケーブルも細いので利便性があるとされ、現在に至っています。もうひとつの革新的な通信手段の無線は、携帯、スマホで有力視されていますが、当時では未来の発明品だと言う認識ぐらいの想像上のものでした。国内のよっぽどの所でもない限り、携帯、スマホは利用できます。その中継器にどれだけの費用がかかったのかはおそらく想像を超えるでしょう。しかし、その恩恵は図りきれません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *