企業のシステム構築で本当に大切なこととは

業務における情報デジタル化が進む中ITシステムは企業にとって必要不可欠な経営基盤です。

ところが導入したシステム効果的に使いこなしている企業は実はそう多くはおりません。そのため、再構築することになったり、ひとつひとつのつながりがなく運用が難しいという問題が頻繁に発生する企業も少なくないのです。システム導入の失敗は後に大きな痛手となって経営を圧迫していきます。費用は一般的に年間売り上げの1パーセントほどですから、1000万円規模のコストをかけているというところも多いです。

しかし費用対効果が得られなければ何の意味もなく経営問題は全く解決できない事態となってしまいます。この背景には一般的な中小企業にとっては知識不足があげられます。もちろん、ほかの要因もありますがベンダーと同等以上の知識を身につけるのは容易なことではないものです。そのため限られたリソースの中で有益なシステムを構築していく必要があります。自社の業務プロセスを徹底的に洗い出し、あるべきであるToBeを明確にすれば費用対効果の高いものを確実に構築していけるのです。

つまり、ITの知識が必要なのではなく中小企業に求められているのは業務全体の工数とコストを細かく算出し、何をシステム化すればいいのかを具体的に理解することでそれが最も重要になります。ソフトウェアの適切な評価や具体的な導入手順に進んでいくという前にこれらのことから始めることが業務効率や収益力向上につながる構築ができるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *