給与前払いサービスのメリット

給与の前払いといえば、働いている職場に直接、掛け合って行うというのが一般的で、必ずしも広く行われているものではありません。

また会社によってはそのようなことを認めないことも多いものです。このような時には、結局は消費者金融などからお金を借り入れてそれを生活の足しにするといったことが行われるものですが、このような場合には返済は借り入れた人が行わなければなりませんし、それに数日程度であれば数百円程度とはいえ利息も支払う必要があります。このため、給与日に前払いを受けないようにするためにも日頃の計画建てた使い方や貯蓄が重要となりますが、それでも足りなくなる時はあるものです。

このような問題を解決するためのサービスに登場したのが給与前払いサービスです。実のところ企業としても従業員に借金をさせるような環境は好ましくなく、勤労意欲を削ぐ原因にもなります。しかし、自ら制度に給与前払いを行うというのにもリスクがともないます。そこで福利厚生で支払う仕組みを改善したものがあります。基本的には労働の対価として支払われるものですが、通常の企業では支払日は20日や月末になります。

サービスでは独自に勤怠データを調べて、実労働時間に基づき支払額をリアルタイムで、把握して希望者があれば、給与の前払いをスムーズに行うというものです。メリットは雇用をしている企業が行うわけではなく外部の企業が行うのでコストがかからず、制度として明文化されることで支払日を従業員が自由に決めることが出来るといったことが挙げられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *