給与を前払いしてもらって金欠を乗り切る

金欠に陥ったときは冷静になる必要があり、安易に借金をしないようにしてください。

ちょっとお金が足りないという状況は若者世代で起こりやすく、これは貯金が十分にないことが最大の原因になっています。貯金を確保するために重要なのは時間であり、それゆえ20代より30代のほうが貯金は多くなるわけです。給与の前払いを活用することによって、借金を避けられるケースは少なくありません。確かにカードローンは便利なものですが、便利ゆえに借りすぎ使いすぎの問題が発生しやすいです。給与を前払いしてもらえる会社は多いため、今働いている会社に交渉してみるとよいでしょう。

すんなりと対応してくれるケースもありますので、相談してみる価値はあります。ただ給与の前払いを利用しすぎると、キャッシュフローを悪化させる原因になるので注意してください。常にお金がない状態に陥りやすいので、なるべく利用は避けたほうが得策です。どうしてもお金の工面ができないときだけ利用するようにしましょう。

給与の前払いを利用すると、すぐにお金が入るので嬉しくなるはずです。しかしいわば前借りしている状態ですから、そのお金を使い切ってしまうとタダ働きをする状態に陥ってしまいます。するとモチベーションを大きく下げる原因となりますので、給与の前払いは基本的に利用しないのが得策でしょう。もちろんどうしてもお金が必要なときは、ローンから借りるよりも利息がつかない分だけメリットがあるのは確かです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *