給与の日払いについて

「日払い」とは、給与の支払い方法のひとつです。

一般的に働いたその日に給与が支払われると思っている方もいるかもしれませんがそれは「即日払い」であり、厳密には「日払い」とは異なる点には注意して下さい。「日払い」とは時給が1時間あたりの給与の金額であるのと同じように、給与計算をする上での締め日が1日単位であることをいいます。そのため1日働いた終わりに必ずしも金銭がもらえるというわけではないので、混同しないようにしましょう。

大抵の場合において「日払い」の給与は、翌日に支払われることが多いとされています。しかしながら一週間後などに振り込まれるケースも珍しくないため、支払方法と支払予定日は事前に確認しておくようにして下さい。すぐに現金が必要な場合は支払形式が即日と書かれた求人や、即日現金手渡しと表記されている求人を選ぶと良いでしょう。また、日ごとに雇われる雇用形態の「日雇い」と混同しないようにして下さい。

労働の対価が翌営業日に支払われるシステムと表記されることもありますが、求人ごとに確認を行うのが無難です。年収が一定金額以下であれば税金は免除されますが、確定申告が必要な場合には源泉徴収票が必要になることもあります。

日給が9、300円を超えるとバイト先などで自動的に源泉徴収されてしまう事もあるので、年収が103万円以下なら確定申告すれば源泉徴収されたお金が戻ってくることもあります。そのため、源泉徴収は大事にとっておくようにして下さい。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *