給与とは、日払いとは何なのか

アルバイトや正規の仕事など働いた経験のある人は誰もが聞いたことのある「給与」とは、どういう意味なのでしょうか。

そして、その給付方法はどのような方法なのでしょうか。まず給与とは、勤務先から給料日に支払われるお金のことです。これは、正規の勤務時間に対する給料や時間外勤務の残業手当、賞与といったすべての支給されるお金が該当します。また、お金だけでなく現物支給の場合もあります。自社製品などが支給される場合もあります。このように、勤務先から支給され受け取るすべてのものが「給与」です。

「給与」の支給方法には日払い、週払い、月払い、手渡し、銀行振り込みといった様々な方法があります。このなかでも注意したいのが「日払い」の意味です。「日払い」とは、給与計算が一日単位で行われることです。しかし、その勤務日のその日のうちに必ずお金が受け取れるわけではありません。計算が一日ごとであり、実際の給付日は月に1~2回や週ごとなどその勤務先によって異なります。

その日のうちに必ずお金が受け取れるのは、「即日払い」という方法です。「日払い」はその日にお金が受け取れない場合いもあるので、事前に勤務先にどのような方法で報酬を受け取れるのか確認しておくことが重要です。誰もが耳にしたことのある言葉も、意外と定義があいまいなことは多くあります。自分の社会貢献の報酬や生活上必要不可欠なお金が、自分の勤務に対してどのようにいつどのように支払われるのか、調べて正確に認識しておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *