給与日払いが注目されている理由とは

給与の支払いタイミングは法律で何種類か決められていますが、その中でも日本の企業のほとんどが採用しているのが月次払いです。

支払日に多少の違いはあっても、これは月に一回のペースで給与を支払うという仕組みです。ほとんど常識化しているようなところもある月次払いですが、そのせいで苦しむ従業員もいるのです。皆さんの会社でも、給与支給前にはやり繰りが大変になっている人はいるのではないでしょうか。こうした事はその人の事情であり会社は関知しない、と言ってしまえばそれまでですが、そうも言っていられないのが現代です。

貧すれば鈍すると言いますが、お金に窮した人が取り合えず頼るのがローンです。うまく返せている間はいいのですが、どこかで歯車が狂うとたちまちに借金地獄に陥る危険性があります。そうなれば仕事の能率にも影響するでしょうし、間違いを犯す心配すらあります。会社としてもこのような状態を放置しては、それは個人の問題とばかりは言っていられません。

そのような危険を未然に防ぐ方法が日払いだと最近注目されています。日払いは前借りとは違い、今日働いた分の報酬を今日受け取るという仕組みで、会社にも本人にもリスクのない方法です。今ちょっとだけお金があれば借金しなくて済むのなら、これはとてもよい方法です。会社としても日払いをする事で従業員の健全な生活が保てるのなら、立派な福利厚生となりますし、しかもそれには追加費用はかからないのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *