給与の日払いシステムを導入する

正社員の場合はあまり該当するようなケースはないかもしれませんが、パートやバイトが働き手の多くを占めるような企業の場合、給与の日払いシステムを導入することには大きな意味があります。

正社員であれば給与は月給制が当たり前で、社員もそれをほぼ前提として生活設計をしていることでしょうが、パートやバイトの場合は少し様相が異なります。というのも、給与の日払いシステムを既に導入しているような企業もかなりあるのが現状なので、働き手もそれを期待していることが多いためです。昔ながらの、正社員もバイトも月給制が当たり前と思っている企業は、思わぬところで遅れを取っているかもしれません。

誰でも、給料日前に財布が寂しくなって困った経験はあるでしょう。同じ仕事で同じ時給ならば、月給制ではなく日払いシステムを導入している会社で働きたいと思うのは当然の心理です。

人材の確保が困難になっている現状において、最初の求人募集のところで既に差がついてしまっていることになります。また、仮に入社してもらったとしても、人材の引き止めという点で他社の後塵を拝する可能性もあります。さらには、給与前にお金が不足することによって他の仕事を掛け持ちしたりする人も出てくるかもしれません。これは仕事への集中力維持という点でマイナスでしょうし、場合によっては消費者金融などでお金を借りる人も出てくるでしょう。これも、金銭トラブルを引き起こす可能性があるという意味で、決して質の良い働き手の確保という点でプラスにはなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *