給与の日払いシステムのメリットとデメリット

給与の日払いシステムとは、前払いシステムとも言われています。

これは、実際の労働分の賃金の一部を希望した日、場合によっては日払いで賃金の支払いが行われるシステムです。急にお金が必要になった場合、給料日まで待つ必要がないことが最大のメリットです。さらに、申請方法がスマートフォンなどを使って簡単にできることもメリットの一つです。

日払いシステムは上限があることがあることがデメリットです。当然ですが、実労働にたいする賃金以上には支払いはできません。当該金額以上の支払いは日払いや前払いとは異なります。これは企業が労働者に貸し付けをする性質のもので、労働者から言うと前借です。

これは、労働者にとっては負債ですので、日払いシステムが労働者に当然の債権ですので、両者は全く異なるものと言えるのです。このようなシステムを導入することについての企業側のメリットは、労働者に福利厚生をアピールできることです。急にお金が手元に必要になったとき、キャッシングなどを利用せざるを得ないことは少なくなると言えることは企業側の強みです。しかし、このシステムのデメリットは、給与支払い時に源泉徴収すべき税金や社会保険料をどう計算するかという問題はあります。特に源泉徴収所得税は法律上、給与が支払われたときに一定の計算方法でその一部を所得税を源泉徴収し翌月に税務署に納付する仕組みです。

社会保険料も似た仕組みです。一般的には月単位で考えられている仕組みです。日払いされた賃金を本来の月単位の仕組みに当てはめてゆくかが難しいと考えられます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *