正社員の給与日払いシステム

日払いの給与というと、アルバイトや派遣で働く人の印象が強いですが、最近では正社員にも日払いシステムが導入されています。

ただし、完全な日払いではありません。月給の中から何日か分の給与を、給料日前に引き出せるシステムとなっています。もちろん、働いていない分の給与は引き出せません。働いた日数に応じて、その相当額を引き出すことができます。会社によっては手数料がかかったり、限度額を決めていたりします。

また、会社と社員が直接交渉するわけではありません。一般的には、会社と社員との間に業者が入ります。依頼した会社か業者の資金から、前払い分が支払われます。さらに、スマホで申請可能な会社も登場しています。このような日払いシステムには、様々なメリットがあります。

まず社員の側からは、急な出費に対応できます。そのため、消費者金融などから借金をしなくてもすみます。また会社側から見ても、すでに働いている分の前払いなので、金銭的なリスクはありません。さらに、企業イメージのアップにもつながります。社員のことを考えて日払いシステムを導入しているというイメージがあれば、離職を防ぐこともできますし、新たな人材確保を容易にすることも可能です。しかし、日払いシステムにもデメリットはあります。社員にとっては、何度も前払いを申請していると、あまり良い印象を持たれないことがあります。そして会社側としては、システム導入のための初期費用や手間がかかってしまいます。便利な日払いシステムですが、メリットとデメリットをしっかりと理解して利用することが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *