給与の前払いシステムとは

給与の種類の一つである前払いシステムは、前借りに近いようなイメージがありますが実は違います。

前払いシステムは支給日よりも前に支払う訳ですが、従業員が既に労働した分の給料になります。一方前借りの場合は翌月以降の給与を担保にしており、労働の対価になっていません。また前払いシステムは、会社の福利厚生の一環として行う給与の制度になっています。これらは、人手不足になりがちな飲食チェーン店が中心として導入されているとされています。例えば調査によると求人に日払いの表記をすると、応募者が3.7倍になるというデータがあります。

よって前払いもアピールすることで、より求人の応募が増えるとされています。更には、アルバイトになると一ヶ月もしないうちに辞めやすい面がありますが、この仕組みを取り入れることで働くモチベーションに繋がり、長期雇用につながるとされています。導入する前と比較すると、定着率が大体2倍の違いがあるというデータもあります。

このサービスを導入する場合、給料日以前に勤務した実績の記録が必要になります。よってタイムカードの情報から勤務実績の情報を得た上で前払いを行い、給料日が来たらそれらを差し引いた金額を給与とする仕組みです。なので従業員情報の登録をし、従業員の勤怠データも取り込みます。同時に従業員側もサービスに登録することで、前払いが必要になった場合申請を行う必要が無いというメリットがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *