給与の前払いシステムの導入時には

給与の前払いシステムとは、会社指定の給料日が来るよりも前に給与の一部を受け取れるようにするシステムのことです。

社内だけでこのようなシステムを構築しようとすると勤怠管理とか給与計算のシステムと連動させることが必要になったり、経理部門の担当者の負荷が大きく増えたりすることが予想されますが、給与の前払いシステム全体として外部の専門会社に委託できる仕組みが整いつつあることは知っておいても良いでしょう。このような前払いシステムを導入することで社員の満足度が高まり、求人募集が容易になることとか、既に働いている人の離職率が抑えられることが期待できます。

もちろんシステム導入や維持管理にはある程度の費用が発生することは避けられませんが、コンピューターシステムを利用するわけですから別に常に担当者が張り付いていないといけないわけでもなく、思った以上にコストは低廉です。また、システム利用にかかる手数料を利用する社員の負担とする方法もあります。

この場合は会社の負担はさらに安くなりますが、手数料を社員に負担させることは、社員にとってはある意味で金利を払ってお金を先に借りているようなものと言うこともでき、法律で定められた以上の金利になってしまうようなことがないか注意は必要です。これは、その手数料が会社の利益になるかどうかとは関係がなく、あくまで社員の立場から見ることになりますのでシステムの導入時には気をつけておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *