給与の前払いシステムについて

給与の前払いシステムは、従業員が働いた分の給料を本来の給料が支払われる日より前に受け取れるシステムです。

メリットは、企業の経営者側にとっては福祉厚生の一環として導入することで労働者の確保につなげられます。また、応募する人材の数を増やすことも可能です。労働者側にとっては、給料日前に支出がかさんでしまって生活が苦しくなったときに活用することが可能です。しかし、給与の前払いシステムにはデメリットもあります。まだ、給与の前払いシステムを行っている企業は数が少なく、認知度もそこまで今はありません。

このサービスの運営元が提携する金融機関が、まだ少ないという点がデメリットです。つまりサービスの運営元と提携していない金融機関の銀行口座を持っている従業員は、このサービスを利用することができないことになります。給与の前払いシステムを利用できる人と利用できない人とで差が分かれてしまいますので、対策としてはこのサービスを導入する前には提携している金融機関及び従業員の銀行口座をきちんと確認しておくようにします。

給与の前払いシステムには、企業負担が少ないことを特徴とするシステム提供型サービス・従業員負担が少ないことが特徴であるアウトソーシング型サービス・勤怠管理システムと連携できるサービスなどがあります。業者にどのようなタイプのサービスであるか確認するなどをして、自社に適したサービスを検討して決めると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *