給与の前払いシステム内容とは

給与の前払いシステムと言っても、給与の前借りができると早合点してはいけません。

前払いシステムと前借りとは、日常的な用語としては混同して使っている人も中にはいるかもしれませんが、厳密に言えば全く異なる概念です。前借りというのは、明日から頑張って働くから、働く予定の分の給与について何とか今日のうちにもらえないかというようなものを指します。一種の借金です。

これは通常の労働の概念上、普通はあり得ないだろうというのはちょっと考えれば分かるでしょう。経営者の立場からみれば、本当に明日から頑張って働いてもらえるかどうかの保証などないも同然の状況で、先にお金を渡すなどあり得ないということになるはずです。

これは常識的に考えてあり得ないだろうというだけではなく、実は法律上も明確に禁止されています。それは不埒な労働者に経営者が騙されないよう守るという意味合いではなくて、全く逆です。労働者を守るためであって、要するに先に金を渡したのだからその分だけは何としても働いてもらうというような強制的労働、奴隷的労働を許さないという意味合いです。

ともあれ、一方で前払いシステムというのは既に働いた分の給与について、まだ会社が決めた給料日前の時点ではあるけれども何とか先にもらえないかというものを指します。これは会社さえ同意する限りは実行に際して何の問題もなく、労働者の福利厚生のことを考えている会社だということになるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *