給与の前払いシステムは借金と同じ?

給与の前払いシステムは、借金ではありません。

なぜなら、すでに働いた分の給料を、給料日前に支給してもらえる制度だからです。すでに働いているという点が1つのポイントです。もしも、まだ働いていないとしたら、そもそも賃金が発生していないですから借金と同じになるでしょう。例えば、5月1日~20日まで働いたとします。給料日が6月の20日だったとしたら、あと1カ月待たなくてはなりません。そこで役に立つのが、給与の前払いシステムです。5月1日~20日まで働いた分の給料を先に受け取れます。

従業員が急な出費に対応できるようにあるのが給与の前払いシステムです。借金ではないので、基本的に審査はありません。デメリットといえば手数料が高いという点くらいです。困ったときに1回だけ利用するというのなら、たいしてリスクはありません。毎月のように継続して利用する場合には注意が必要です。ただでさえお金に困っているのに、手数料分を損しているのでますます追い詰められる結果になるかもしれません。

継続的にお金に困った状態が続くようなら、金利が低い銀行カードローンなどを検討しましょう。まとめると、給与の前払いシステムは借金ではなく、安心して利用できるサービスです。とはいっても、使い方を間違えたら不幸になることもあるので注意しましょう。人を幸せにするサービスも、使い方を間違えたら不幸になることがあります。また、残念ながら悪質な会社も存在しているので、しっかりと信頼できる会社を選ぶことも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *